【610キッチン】倉庫を改装したおしゃれカフェ!店主はムトウさんだけど店名は「ロクイチマル」 -北栄町

北栄町六尾にある「610キッチン」に行ってきました。

大きな倉庫を改装したカフェで、中に入ってみると想像以上に広く、とにかくオシャレな装飾が施されています。

お店の店主は武藤さん。なので多くの人が「ムトウキッチン」と間違えられていますが、店名は「ロクイチマルキッチン」です。

店内の様子や料理について紹介していきます。

610キッチンの場所

場所は、「鳥取県東伯郡北栄町六尾282」。

六尾と書いて「むつお」と読みます。

ローソン北栄町由良店の横にある国道23号線を六尾方面に進みます。

線路をわたって200mほど進んだ場所を右折し、六尾へ入ります。

50mほどで到着。道は狭いので、対向車に注意しましょう。

お店の前には、610キッチン駐車場の看板があるのでわかりやすいです。

かつて倉庫だった面影が残る横長のお店。

カラフルな外観が綺麗でした。

まるで物語に出てきそうな不思議なカフェ。

閑静な住宅街の人目につかないような場所にあり、外観の見た目もそんなに派手なものではないですが、店内がスゴいんです!

オシャレすぎる店内

店内は想像以上に広い!

テーブル席とカンター席があり、様々家具が並ぶ開放的な空間です。

ソファー席もあるので、ゆっくりくつろげます。

キッズスペースもあるので、家族連れで来られる方におすすめです。

店内に飾られているチョークアート。

クオリティー抜群です!!

他にも鏡から飛び出る魔女の飾り物やスクリーンから流れる雪の結晶の映像など、オシャレなおもてなしが満載です。

メニューについて

ランチは、スペアリブやチキン南蛮などの肉料理やバーガーセット。

自家製天然酵母使用のクロックムッシュや子供向けのキッズプレートなどもありました。

料理の下に記載されている詳細にも注目です。

スイーツはケーキ、フロート、アイスがあり、女性に人気です。

ドリンクも充実。紅茶はノーベル賞授賞式で提供されたものらしいです。

語呂合わせの620バーガーやオージービーフ使用のステーキもおすすめ。

少し立地ですがガッツリ食べれるみたいですよ。

こだわりのタレが絶品のチキン南蛮

どーーーーーん!!

チキン南蛮(980円)を注文。

思ったより鶏肉の量が多く、ボリューミーでした。

お肉は鳥取県産の胸肉を使用。

特製ダレがかかった鶏肉にタルタルソースがたっぷりかかっています。

ちなみにタルタルソースには、自家製のピクルスが入っていてシャキシャキ感も味わえます。

カブのお浸し。しっかり浸かっていて塩加減がちょうど良く、ごはんとも良く合いましたね。

スープは中華風のテイスト。

黒胡椒がピリっとしていて美味しかったです!

メインのチキン南蛮をいただきます。

こだわりの特製タレとタルタルソースが絶品!

鶏肉自体も柔らかく、ごはんとの相性抜群です!!

野菜も摂れてヘルシーな内容でしたね。

中国地区のコンクールで最優秀賞に輝いた料理も提供!

先日行われた「第8階中国地区牛乳・乳製品虜類コンクール」で最優秀賞に輝いた、鳥取短期大学の学生さんが考案した料理が、610キッチンで提供されます。

料理は、地元産の鶏肉や野菜をふんだんに使用したグラタン料理。

地元の新聞にも取り上げられ、2019年2月28日まで提供されます。

気になった方は、ぜひ食べてみてください!

北栄町で定食・バーガーを食べるならここ!

外観は倉庫、店内はおしゃれな空間の不思議なカフェ。

心の中の好奇心がうずくような、物語に迷い込んだかのようなお店でした。

北栄町で定食やバーガーメニューを満喫したい方におすすめです。

ぜひ行ってみてください!

店舗情報

610キッチン

0858-37-6610

〒689-2201 鳥取県東伯郡北栄町西園350-1

営業時間:11:30~14:30  17:30~22:00

定休日:火曜

駐車場:あり

この記事を書いている人

げんき
げんき
鳥取県出身。
人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。
趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください