【香湯館】倉吉で40年以上続く老舗カフェ。珍しい洋風の装飾の中でのんびり過ごせるお店 -倉吉市

倉吉市にある老舗カフェ「香湯館」に行ってきました。

1976年創業の40年以上続くお店で、店名の読み方は、「コーヒーカン」と読むそうです。

日本にコーヒーが入ってきた頃に、コーヒーの当て字に使われていた一つが「香湯」だったことからその名が付いたそうです。

店内には、洋風のオシャレな装飾がたくさんありました。

今回は、香湯館の店内の様子やメニューについて紹介していきます。

香湯館の場所

場所はここ↓

鳥取県倉吉市南昭和町87-2

国道179号線から右折し、「まるごう倉吉東店」を過ぎた辺りにあります。

香湯館の看板が右手に見えてきます。

雨風に当たり、結構年季の入った看板でした。

赤い屋根とレンガが印象的な外観。

玄関前には、1946年ものの「シトロェン11CV」という外車が展示されています。

珍しい外車などが展示されたカフェということで、地元メディアにも取り上げられたみたいです。

店内の様子

店内は、高級感漂う洋風の装飾がズラリ!

食器から家具まで、洋風感満載です!!

 

お店の奥には、イギリスのモーガンが飾ってありました。

店員さんと少しお話しさせていただきました。以前は、実際にこの車に乗っていたそうです。

滅多にお目にかかれない外車。贅沢ですね!

メニューについて

メニューは、トーストがメインです。

モーニングやカフェ目当てで訪れるときがおすすめですね。

ドリンクメニューは、コーヒーと紅茶がメインです。

種類がたくさんあって充実してました。どれにしようか迷ってしまいますね。

実際に注文した料理

ピザトーストセット(900円)を注文。

デザートとコーヒー付きです。

ハム、ピーマン、チーズを使用したピザをパンと合わせた相性抜群のトースト。

上にはブラックペッパーがふられていて、アクセントになってました。

熱々のパンにとろとろのチーズがマッチしています!

パンも柔らかかったので、ペロリといけましたね。

デザートのパイナップルのゼリー。

ツルっといけるので食べやすく、甘さもちょうど良かったです。

洋風の店内でいただくオリジナルブレンドコーヒー。

コクがあって深みのある味でした。ピザトーストと一緒に楽しめましたね。

何より洋風の店内で味わうと、海外に訪れたような気分にしたれました!

皆さんもぜひ行ってみてくださいね!!

香湯館の店舗情報

0858-22-5454

鳥取県倉吉市南昭和町87-2

営業時間:[火~土] 10:00~19:00 [日・祝] 10:00~18:00

定休日:月曜

駐車場:あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください