【Chez Ben(シェ・ベン)】智頭に2022年5月オープン!フランス人のパティシエが経営するケーキ屋 -智頭町

智頭町に2022年5月にオープンした「Chez Ben(シェ・ベン)」に行ってきました!

東京から移住したご夫婦が経営するケーキ屋です。

オーナーはフランス人のベンさん。店名もベンさんが由来で、「Chez Ben」はフランス語で「ベンさんの店」という意味だそうです。

Chez Ben(シェ・ベン)の場所

場所はここ↓

鳥取県八頭郡智頭町埴師44

鳥取県から岡山県に入る途中の国道53号線沿いにあります。

杉の町「智頭町」にぴったりの木を基調とした温かみのある建物。

あまり派手な外観ではないですが、周りの雰囲気にあった感じですね。

駐車場の前には、フランスの国旗が風に揺れていました。

車で来られる方は目印にしましょう。

玄関前には営業日のスケジュール表が貼ってありました。

オープン日は毎週水曜〜土曜日となっています。

次の来店のためにもチェックしておきましょう。

店内の様子

フランス人のパティシエ「ベンさん」が作ったケーキやパンがずらりと並んでいます。

ちなみに奥の窓から見える厨房で作業されているのがベンさんです。

ドライフラワーやインテリアなどの装飾もおしゃれです。

シナモンとココアを絡めたナッツも販売しています。

パンフレットなどもあるので、気になった方は見てみてください。

旬の果物や地元の小麦粉などを使ったクオリティの高いケーキが並んでいます。

どれも美味しそうなものばかりです。

「ジャスミン」や「レディー バナナ」といった聞き慣れない名前のケーキ。

ちなみにこのジャスミンは人気が高く、実際に食べたお客さんから「美味しかった」とコメントいただいているそうです。

他にも、土曜限定のケーキや地元産の食材にこだわったケーキなどが味わえます。

ケーキの中に地元の梨を使用した「梨 ドゥルセ タルト」というケーキもありました。

鳥取ならではの食材を使用しているので、お土産におすすめです。

パン類も販売しています。

こちらはアーモンドクロワッサンとラムレーズンロール。

上質なバターと生地にこだわった商品です。

上から吊り下げている感じもおしゃれですね。

見やすいのと同時に、パンのいい香りが漂ってきます。

実際に購入した商品

ケーキ3点を購入。

迷った挙句、おすすめの「ジャスミン」、土曜限定の「ショコラ シェ ベン」、地元産の梨にこだわった「梨 ドゥルセ タルト」をいただいてみました。

ちなみにケーキにはフィルムなどのプラスチック製品は使用されてません。

環境に配慮し、紙製の厚紙に乗せて箱に入れられるので、お持ち帰りには注意しましょう。

ジャスミンは、フォークがスッと入るくらいの柔らかさ。

外側のふんわりとしたムースが絶品!甘すぎず、口溶けも良かったです。

中は2層になっていてレモンなどの柑橘のジュレが入っています。

酸味の効いたジュレがムースと絶妙に絡んでさっぱりとした味わいです。

 

ショコラはスポンジの上にチョコレートガナッシュとコーヒークリームが乗っていて、こちらも口溶け良かったです。

梨のタルトは、地元産の梨とバニラのジャムが入っていてフルーティー!

キャラメルホワイトチョコレートの滑らかさとサクサクのタルトが相性抜群でした。

おわりに

クォリティ高いケーキを満喫できました。

東京から洋菓子の修行をされ、ご夫婦で智頭町に移住。

智頭にケーキ屋が少ないことをきっかけにお店を開いたそうです。

地域の憩いの場を目指して、自然に囲まれた小さな町での挑戦。

智頭町へのおでかけやお土産で、ぜひ行ってみてください!

Chez Ben(シェ・ベン)の店舗情報

鳥取県八頭郡智頭町埴師44

080-1501-7905

営業時間:水曜〜土曜 11:00~17:00

定休日:不定休(※お店のInstagramをご覧ください。)

駐車場:あり

詳細:https://www.instagram.com/chezben_chizu/

 

▼とっとりのーとFacebook

https://www.facebook.com/tottorinoto/

▼とっとりのーとTwitter

https://twitter.com/tottorinoto

▼とっとりのーとInstagram

https://www.instagram.com/tottorinoto/?hl=ja