鳥取砂丘にリゾートホテル建設へ!鳥取を代表する観光地に2022年11月オープン予定

鳥取砂丘西側に四つ星の高級リゾートホテルが、2022年11月にオープン予定です。

鳥取市は鳥取砂丘近くの市有地へ誘致を計画するリゾート型ホテルの整備事業者に、dhp都市開発(大阪市)を選び、外国人富裕層を対象にしたハイグレードのホテルを計画しています。

出典:産経新聞

計画地は国民宿舎「砂丘荘」と隣接する「旧青年の家」の跡地。

以前紹介した「天然美景ビュースカイラウンジ」や家族連れに人気の観光スポット「こどもの国」の近くです。

参考記事:【天然美景ビュースカイラウンジ】鳥取ゴルフ倶楽部にあるオーシャンビューなお店 -鳥取市

 

▼高級リゾートホテルの詳細

・ホテル用地は砂丘西側にある市有地約1万8000平方メートル。

・3階建てで150室程度の客室を持つホテル。

・料金は1泊3万〜35000円程度。

・砂丘コンシェルジュカウンター、温泉を活用したリラクセーション施設や複数のレストラン、砂像を展示するスペースなどを設置。

・中国や韓国など東アジアなど、長期滞在が期待できる観光客を取り込み、稼働率は松葉ガニを味わえる冬が80%以上、夏は65~70%を目指す。

 

これは楽しみ!

鳥取砂丘や自然を満喫できるリゾートホテルになりそうですね。

宿泊プランや館内の詳細などは、まだ公開されていないので、分かり次第追加していきます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください