【真菜板(まないた)】智頭に移転オープン!昼はうどん屋、夜は居酒屋として営業のお店 -智頭町

智頭駅近くにあるうどん屋「真菜板(まないた)」に行ってきました。

開店20周年を機に東京高田馬場の店舗をたたみ、最近智頭町に移転オープンしました。

昼はうどん屋、夜は居酒屋として営業しています。

地元の生活情報誌「うさぎの耳」にも掲載された、今注目のお店です。

真菜板の場所

場所はここ↓

鳥取県八頭郡智頭町智頭1642-37

智頭駅から徒歩5分。

昔ながらの古民家が軒を連ねる街並の中にひっそりと佇むお店です。

国道53号線から智頭郵便局手前の道路を右に入り住宅街を進むと、智頭駅の300mほど手前にある交差点を左折します。

50mほど進むと右側に「真菜板」の看板が見えてきます。

自宅のような佇まい。

同じような建物が並んでいて分かりづらいので、看板とのぼりを目印に探してみてください。

店内の様子

玄関から、うどんの大きな暖簾がお出迎え。

本当に自宅のような雰囲気なので、落ち着きますね。

店内は、4名テーブルが2つと2名テーブル2つ、カウンター席が2つのこじんまりとした空間です。

メニューについて

昼のメニューは、つけめん、えび天うどん、カレーうどんなどのうどんメニューをはじめ、定食メニュー、丼物までありました。

夜は居酒屋に変わるので、個性豊かな純米酒やアルコール類、おつまみも充実していました。

ちなみに、玄関前にも入口にメニューが貼ってあるので、来店前にチェックできまよ。

実際に注文した料理

人気の大山鶏唐揚定食(650円)を注文。

このボリュームでこの価格は安い!

他のメニューもリーズナブルなものばかりでした。

地元の大山鶏を使用した地産地消料理。

サクサクでジューシー!ご飯に合わないわけがないです。

タルタルソースやサラダもあって、栄養バランスも充実しています。

うどんメニューも気になったので、今度食べてみたいですね。

まとめ

自然豊かな智頭町でのんびりくつろげるお店でした。

地産地消にこだわった料理が満喫できますよ!

智頭町を訪れた際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!!

真菜板の店舗情報

080-6572-2169

鳥取県八頭郡智頭町智頭1642-37

営業時間:[火~日]11:30~13:30(L.O) 17:00~21:00(L.O)

定休日:月曜

駐車場:あり(2〜3台)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください