「ポテトチップス 白バラコーヒー味」が2020年2月17日(月)発売!47都道府県の「地元ならではの味」第3弾が登場

2019年度の第3弾となるポテトチップス「白バラコーヒー味」が、2020年2月17日(月)〜2020年3月下旬終売予定です。

誰もが知っているであろう国民的なお菓子。

今回の記事では、「ポテトチップス 白バラコーヒー味」の特徴や販売エリアなどについて、ご紹介します。

47都道府県「地元ならではの味」について

カルビーが2017年から行っているプロジェクトで、年に3回(第1弾、第2弾、第3弾)に分けて47都道府県の味のポテトチップスを順次発売しています。

2019年度の第3弾となる鳥取の味「ポテトチップス 白バラコーヒー味」は、地元を愛するお客さんからネット上で募集した味案をもとに、鳥取県庁にて県庁職員や大山乳業農業協同組合などと一緒にワークショップや試食会を行い、味やパッケージを決定。

ちなみに2017年度は「砂丘をイメージした珈琲味」、2018年度は「牛骨ラーメン味」が考案されました。

出典:PRTIMES

「ポテトチップス 白バラコーヒー味」の特徴

パッケージには、鳥取県民には馴染みの「白バラコーヒー」のイラストと大山乳業農業協同組合のキャラクター「カウィー」が載っています。

裏面には、鳥取県の新品種の米「星空舞」や大山乳業農業協同組合が取り組む「白バラ認証制度」が紹介されているそうです。

出典:livedoorNEWS

気になるのは味ですよね。企画担当者のコメントを引用してみました↓

「白バラコーヒー」の美味しさを再現したポテトチップスで、大山乳業農業協同組合の白バラ全粉乳を使用し、すっきりとした甘さに仕上げられています。

「白バラコーヒー」とポテトチップスは意外と相性抜群で、クセになる味わいとのこと。

販売エリアは、鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知など。

数量・期間限定なので、食べてみたい方は早めにお買い求めください。

鳥取のソールフードの味をぜひ味わってみてくださいね!

この記事を書いている人

げんき
げんき
鳥取県出身。
人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。
趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください