「道の駅 西いなば気楽里」に行ってきた!鹿野にできた新たな観光施設に密着 -鹿野町

2019年6月30日(日)にオープンした「道の駅 西いなば気楽里(きらり)」に行ってきました。

鹿野町の鳥取西道路沿いに佇む新たな街の拠点。

地元の特産品はもちろん、レストラン、足湯などが満喫できる道の駅です。

今回は実際に行ってきたので、施設内の詳細についてご紹介します。

西いなば気楽里の場所

住所は、「鳥取県鳥取市鹿野町岡木280-3」。

山陰自動車道浜村鹿野温泉IC降りてすぐの場所にあります。

詳しい行き方は、以前紹介した記事を参考にしてみてください。

参考記事:道の駅 西いなば気楽里が2019年6月30日(日)にオープン!鹿野の特産品や足湯も楽しめる施設が誕生 -鹿野町

2019年5月の鳥取西道路の開通に伴い、地元客をはじめ、観光客も多く訪れています。

駐車場は、普通車122台 (うちハートフル3台、EV充電器1台) 、 大型車22台 二輪車 15台止められるスペースがあります。

鳥取県内の道の駅の中では、2番目に車を多く停めることができるみたいですよ。

道の駅周辺や鳥取県の東部エリアのマップ看板もあるので、観光情報もチェックできます。

施設内について

軽食コーナー

入口入って左側が特産品・軽食コーナーになっています。

特産品売り場とレストランの間にがあります。

こちらのお店は、大豆を使ったスイーツやドリンクが人気です。

イートインスペースもあるので、気軽に軽食が楽しめます。

特産品コーナー

 

西いなば(旧気高、鹿野、青谷)の旬の野菜や、鳥取ならではの「白バラ牛乳」を使用したお土産も充実。

品揃えが多くて鳥取のお土産にピッタリです。

定番のものから珍しいものまで、想像以上に充実していましたよ。

レストラン

レストランの店内は、駐車場や奥の山々が見渡せる開放的な雰囲気。4人席がメインです。

気高の生姜や鹿肉を使ったラーメン、海鮮御膳、大山豚の生姜焼き定食など、鳥取の食材を使った料理が中心となっています。

西いなば生姜ラーメン(800円)を注文。

気高の生姜が入ったあんかけ風ラーメンでした。

思った以上にとろみがありました。

でもこのとろみがあるスープが麺と絡んで美味しいんです!

生姜がアクセントになって絶品です!

体調を崩しがちな方におすすめですよ。

足湯コーナー

入口付近には足湯コーナーもあります。

屋根が付いているので、雨の日でも楽しむことができます。

道の駅での休憩などで、リラックスしたい方は、ぜひ利用してみてくださいね!

おわりに

西いなばエリア(旧気高、鹿野、青谷)の観光の立ち寄りにピッタリの観光スポット。

これからの行楽シーズンにおすすめです。

お昼時は混み合うので、早めに計画を立てて、西いなばエリアを満喫してみてくださいね!

 

周辺のグルメスポットはこちら↓

【ほたるかずら】週末だけ営業の古民家カフェ!懐かしい街並みで味わうワンコインランチ -鹿野町

【夢こみち】すげ笠御膳が名物!鹿野のランチを満喫したいならここ -鹿野町

西いなば気楽里の詳細

0857-82-3178

〒689-0422 鳥取県鳥取市鹿野町岡木280-3

営業時間 :

【物産コーナー】9時~19時

【レストラン】10時~20時

【ファストフード】9時〜19時

【コンビニエンスストア】24時間営業

【インフォメーション】9時〜18時

【足湯】9時〜19時

定休日:なし

駐車場:あり

2 件のコメント

    • コメントありがとうございます。
      調べてみると、西いなばは旧気高、鹿野、青谷の3町のエリアを言うそうです。
      訂正しました。
      ご指摘ありがとうございました!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください