【神崎神社】龍の彫刻が見事!琴浦のパワースポットとして有名な神社 -琴浦町

琴浦町赤碕にあるパワースポット「神崎神社」に行ってきました。

本殿や拝殿に施された見事な彫刻が楽しめるパワースポットとして有名な神社です。

中でも向拝の天井に彫られた龍の彫刻は必見です。

今回は、「神崎神社」の成り立ちや芸術的な彫刻について紹介していきます。

神崎神社の場所

住所は、「鳥取県東伯郡琴浦町赤碕210」。

国道9号線を鳥取から米子に行く途中、道の駅「ポート赤碕」を少し通り過ぎた辺りにあります。

ポート赤碕を通り過ぎると、右手に神崎神社の看板が見えてきます。

看板を右折し、細い路地に入ります。

道なりにまっすぐ進むと、神崎神社の駐車場が見えてきます。

境内の裏が駐車場です。

2015年9月に屋根葺替えが完了した本殿。

趣があって歴史を感じますね。

神崎神社の成り立ち

本殿は、鳥取藩のお抱え宮大工小倉園三郎によって嘉永6年(1853年)に建立され、拝殿は小倉園三郎の孫、平次郎が明治12年(1879年)に建築完成しました。

鳥取県の指定保護文化財で、県民の建物100選にも選ばれています。

御祭神はスサノオノミコト。

通称「赤碕の荒神さん」と言われ、家内安全・海上安全・牛馬の守護神として崇められています。

本殿には、神崎神社や琴浦町のパンフレットもあるので、情報収集に役立ちます。

見事な彫刻の数々

向拝天井の龍の彫刻。

迫力満点の龍の指ににぎられている玉は、「幸せの玉」と呼ばれ、子宝や縁結び、家内安全を願って玉の真下に立つと、ご利益があると言われています。

他にも向拝柱の唐獅子・牡丹の彫刻や…

拝殿の扉にある彫刻など、探してみるといろいろな彫刻を楽しむことができます。

どれも芸術的で、圧巻でしたね。

その他の見どころ

本殿裏には稲荷神社や恵比須神社などもあります。

他にもご利益があるみたいなので、気になった方は行ってみてください。

さらに境内の外の少し進むと、公園のようなに通しの良い場所があります。

特に何もなかったのですが、中には奇妙な動物の絵が彫られたイス?みたいなものも。

ここからは日本海の眺めが一望できます。

写真を撮りたくなる絶景。

神崎神社に参拝したあとは、ぜひ行ってみてください!

まとめ

琴浦町にある見事な彫刻が見れる神社。

ご利益を求めてパワースポット巡りにもおすすめですよ。

ぜひ行ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください