【餃子の365日】鳥取初の餃子の無人販売所!鳥取県産の豚肉・野菜を使用した手作り餃子を食べてみた -国府町

2021年5月1日(土)に鳥取市国府町にオープンした「餃子の365日」に行ってきました!

鳥取初の餃子の無人販売所で、鳥取県産の豚肉・野菜を使用した手作り餃子が楽しめるお店です。

以前とっとりのーとでもご紹介しましたが、今回は実際に行って買ってきたので、詳しくご紹介します。

餃子の365日の場所

場所はここ↓

鳥取県鳥取市国府町新通り3丁目301番1

マルイ国府店の敷地内にあるお店です。

歩いていけるので、買い物のついでに立ち寄る人もたくさんおられました。

【餃子の365日】鳥取市国府町に2021年5月1日オープン!冷凍餃子を無人販売している餃子のお店 -国府町

営業時間は、9:00〜22:00まで。

売り切れ次第閉店となる場合もあります。

店内の様子と餃子の買い方

店内には液晶画面が設置されていて、餃子の買い方の手順が紹介されています。

初めての方でも簡単に買うことができます。

まずは、冷蔵庫から餃子を取り出します。

この日は午前中に訪れましたが、結構多めに在庫が用意されているので、まだ余裕がありました。

餃子を取り出したあとは、扉をしっかり閉めましょう。

1袋30個入りで1000円なので、人数などに応じて購入しましょう。

お店の特製の餃子のタレも販売されていました。

1個100円で購入できます。

程よい酸味とごま油の香りが餃子と良く合います。

お支払いは、店内に設置されている料金箱にお金を入れます。(※おつりはでません。)

無人なので感染予防にもなります。

手軽に美味しい餃子を購入できて便利ですね。

餃子を美味しく作るために、餃子の焼き方のパンプレット設置されています。

料理好きのママや料理が苦手な方は、ぜひ参考にしてみてください。

餃子の365日の餃子を実際に食べてみた!

実際に作って食べてみました。

鳥取県産の豚肉と野菜がぎっしり詰まっています。

サイズは通常の餃子より少し小さめで、食べやすいので、バクバクいけちゃいますね!

お店で購入した特製ダレをつけていただきました。

餃子の皮はワンタンに近いくらい柔らかいです。

中はジューシーで、口に入れた瞬間肉汁が広がり、野菜の甘みも感じましたね。

いや〜美味しかったです。

まとめ

昨今の時代に特化した餃子の無人販売所。

すべてセルフなので、感染対策にもなり、スタッフさんの作業の効率化にも繋がりますよね。

これからのおうち時間のレシピや子育てママの強い味方になるお店だと感じました。

皆さんもぜひ訪れてみてくださいね!

 

テイクアウト・配達の記事はこちら↓

鳥取で「テイクアウト(お持ち帰り)・配達」している飲食店まとめ!鳥取の飲食店を応援しよう【随時更新】

餃子の365日の店舗情報

鳥取県鳥取市国府町新通り3丁目301-1

営業時間:9:00~22:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください