【Café Achelino(カフェ アチェリーノ)】湯梨浜の廃校をリノベーションしたおしゃれカフェ -湯梨浜町

湯梨浜町の東郷湖湖畔の高台にある「Café Achelino(カフェ アチェリーノ)」に行ってきました。

湯梨浜町の旧桜小学校跡地にできた工芸などの体験ができるさくら工芸品工房内にあるカフェです。

春になると、さくら工芸品工房入口から駐車場までの桜のトンネルが出迎え、さらに駐車場からは東郷湖も一望できます。

屋外の景色も必見のお店です。

Café Achelinoの場所

住所は、「鳥取県東伯郡湯梨浜町松崎619」。

国道22号線を倉吉市街地方面へ進みます。

東郷湖が右手に見える手前に右折する道があるので、ここを右折します。

ちなみにまっすぐ行くと、以前紹介した「ぱにーに 湯梨浜店」や「ハクセン」などのカフェもあるので、ぜひ行ってみてください。

参考記事:カフェ&足湯のパン屋!「ぱにーに湯梨浜店」 -湯梨浜町

参考記事:【あやめ池公園】3万本の花菖蒲が楽しめる癒しの名園 -湯梨浜町

参考記事:【HAKUSEN(ハクセン)】東郷湖を眺めながら楽しめる!時間を忘れてゆっくりくつろげる穴場カフェ -湯梨浜町

右折した道路の左側には、さくら工芸品工房の看板があります。

そして右側にはCafé Achelinoの看板もあります。

はじめに出迎えてくれるのは、春に咲き誇る桜のトンネル。

最高のおもてなしですね。

トンネルを上がっても桜並木は続きます。

駐車場を囲むかのように桜が並んでいました。

以前の校舎のままの外観。懐かしさを感じますね。

屋外の撮影スポット

桜のトンネルの他にも屋外には撮影スポットがあります。

高台の桜はバックの東郷湖とのコントラストが抜群!

絶好の撮影スポットです。

木々の隙間から眺める東郷湖。

桜が終わったあとでも、「ちょっと一人になりたい」と思ったときに来たくなるような場所でした。

店内・校舎の様子

玄関の前には、営業時間などの案内看板があります。

リピートしてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

小学校の面影が残る廊下。なんだかほっこりしましたね。

ちなみに今回は見学しませんでしたが、2階にさくら工芸品工房のショップ・工房があるみたいです。

気になった方はぜひ行ってみてください。

カフェは一階にあり、思ったより教室の面影はなく、インテリア満載のおしゃれな店内でした。

メインのテーブル席をはじめ、ソファー席は壁側にありました。

一人で来店の方は、だいたいカウンター席に案内されます。

大きめのゆったりとした木のイスが贅沢な雰囲気を醸し出していましたね。

メニューについて

メニューは、人気のアチェリーノプレートランチをはじめ、季節の食材を取り入れたピザやキーマカレーなどおしゃれな料理が満載です。

しかもランチには全てドリンクバー付きです!

女子ウケしそうなスイーツやスムージや…

子連れの方にはありがたい子供用プレート料理もあります。

お祝い事・ホームパーティーなども利用できるみたいなので、気になった方はぜひ!(事前予約が必要です。)

実際に注文した料理

アチェリーノプレートランチ(1297円)を注文。

こんなにプレートに食材が盛りだくさんなのは久々でしたね。

メインの牛ハラミステーキ。

様々な食材に混じっても貫禄ある存在感です。

様々な旬の食材を使用しているので、カラフルで鮮やかな盛り付けです。

インスタ映えしそうですね。

想像以上に肉厚の牛ハラミは食べ応え十分!

サッパリとしたタレとも合っていてごはんが進みました。

あまり食べたことなかったムール貝もついていました。

ケチャップ入りのスクランブル。

塩加減もちょうど良く美味しかったです。

まとめ

懐かしさを感じながらのんびりできるカフェでした。

屋外の景色も楽しめ、絶好の撮影スポットなので、写真好きの方にもおすすめです。

料理自体もおしゃれなので、インスタ映え抜群のお店!

ぜひ行ってみてください!!

店舗情報

Café Achelino(カフェ アチェリーノ)

070-2367-1183

〒689-0711 鳥取県東伯郡湯梨浜町松崎619

営業時間:11:30~16:00

定休日:火曜、第3水曜

駐車場:あり

この記事を書いている人

げんき
げんき
鳥取県出身。
人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。
趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください