米子駅が建て替え工事に伴い9月5日(土)から仮駅舎へ

JR米子駅は建て替え工事に伴って、9月5日(土)から改札口などが仮駅舎に移りました。

米子の玄関口として57年間市民を中心に親しまれてきました。

線路を南北にまたぐ自由通路を新たに整備するため、これまでの駅舎は建て替えられることになり、利用者の中には、現在の駅舎を懐かしむ人もいたそうです。

出典:米子市HP

 

▼整備の詳細について

米子駅南北自由通路、駅南広場などを整備します。

これから利用される方は、参考にしてみてください。

【米子駅南北自由通路等整備事業】

  • 米子駅の南北地区を連絡する自由通路、南側の玄関口となる駅南広場を整備します⇒ 米子駅へ南側から直接アクセスが可能となります。
  • 米子駅舎を整備します⇒ 改札が現在の1階から2階に変更となり、自由通路から、直接改札を通り、ホームへ移動できます。
  • 米子駅ビル(土産物店などが入店予定)を整備します⇒ 自由通路と直接連絡し、駅―自由通路―駅ビルが、一体となった空間となります。

この事業に併せ、駅北広場(駅前広場)の改善など、駅周辺のにぎわい創出に取り組みます。

米子市HPから引用

 

JR米子駅の新しい駅舎は、3年後の2023年春頃に開業する予定です。

整備イメージや今後の事業スケジュールなどの詳細も乗っているので、気になった方は米子市HPをチェックしてみてくださいね!

米子市HPはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください