鳥取県の聖火リレーは5月21日(金)・5月22日(土)に実施!ルートや聖火リレーの詳細についてご紹介

東京2020オリンピック・パラリンピックの鳥取県の聖火リレーは、2021年5月21日(金)・5月22日(土)の2日間実施されます。

今回は、聖火リレーのルートや詳細についてご紹介します。

出典:NHK

▼鳥取県の聖火リレーの詳細

鳥取県の公式HPによると、鳥取県の聖火リレーは、まんが王国鳥取を発信する境港市から出発し、県内の全19市町村を通過する予定になっています。

ちなみにセレブレーションとは、聖火到着を祝うイベントのことです。

鳥取県の聖火リレーは、まんが王国鳥取を発信する境港市から出発し、県西部をリレーした後、倉吉市で1日目のセレブレーションを実施します。2日目は琴浦町から出発し県中部・東部をリレーした後、鳥取市でセレブレーションを実施します。県内の全19市町村を通過するルートとなります。

みどころは、伯耆富士とも呼ばれる秀峰・大山の雄大な姿を眺めるリレーや、温泉街や歴史的景観が残る旧街道でのリレーなどです。

鳥取県HPから引用

 

▼聖火リレールートについて

【1日目のルート】

境港市、米子市、日吉津村、南部町、日南町、日野町、伯耆町、江府町、大山町、倉吉 ※16.11km

【2日目のルート】

琴浦町、北栄町、三朝町、湯梨浜町、岩美町、八頭町、智頭町、若桜町、鳥取市(市街地)、鳥取市(セレブレーション会場) ※14.97km

出典:朝日新聞

 

鳥取にもついに聖火が来るみたいです。

鳥取県での聖火リレーにはお笑いタレント「ガンバレルーヤ」のまひるさんら175人が聖火を繋ぐことになっています。

観覧はネットライブ中継で楽しみましょう!

 

▼鳥取県からのお願い

東京2020オリンピック聖火リレー、セレブレーション(聖火到着を祝うイベント)の観覧は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ネットライブ中継で視聴しましょう。

特に、事前申込不要の区間(境港市、米子市、倉吉市、北栄町、鳥取市)においては、観覧者が多くなることが予想されます。

※観覧者が多いと判断する場合、観覧を制限することがあります。

 

▼とっとりのーとFacebook

https://www.facebook.com/tottorinoto/

▼とっとりのーとTwitter

https://twitter.com/tottorinoto

▼とっとりのーとInstagram

https://www.instagram.com/tottorinoto/?hl=ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください