鳥取の魅力を発信するメディア

【米澤たいやき店】もちもち食感がたまらない!昔から続くたい焼きの老舗 -倉吉市

2018/04/14
 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
げんき
鳥取県出身。 人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。 趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

倉吉市にあるたい焼きで人気のお店「米澤たいやき店」に行ってきました。

創業1948年以来、「1匹焼き」という一枚ずつ丁寧に焼き上げていく最近では滅多に見られない手法を使っています。

今回は、地元民から愛される人気のたい焼き屋をご紹介します。

米澤たいやき店の場所について

米澤たい焼きは、国道205号線沿いにある「喫茶アロー」右横の路地を入ってすぐの場所にあります。

細い路地の中にあるお店なので、白壁土蔵群の旧市街地を流れる玉川沿いから歩いて行った方がわかりやすいと思います。

玄関には大きめの看板!

たい焼きのほかにもたこ焼きも人気です。

店内について

店内は、カウンター席とテーブル席。

奥にはソファーもあり、落ち着いた空間です。

その場で焼き上げたたい焼きやたこ焼きを、店内で食べることもできます。

少しですが、漫画も読み放題!!

カウンターからは調理の様子なども見ることができました。

店内には、奥の方にサーバーがあり、お冷・お茶・コーヒーがセルフで、なんと無料で飲めます!!

せっかくなのでコーヒーをいただきました。

お客さんにはうれしいサービスですね。

メニューについて

メニューは、たい焼き・大判焼き・たこ焼きです。

ジュースは110円より販売しています。

僕はたい焼きとたこ焼きを注文しました。

地元民に愛されるもちもちのたい焼き

道路沿いから見えるたいやきを作っている様子。

よくやられている複数枚の焼き方ではなく、一枚ずつ丁寧に作られています。

皮・餡とも、自家製・無添加の天然もののたい焼き!!

これが美味しさの秘密です。

一枚ずつなので、その分時間はかかります。

待ち時間が気になる方には、電話予約もできるので、そちらをオススメします。

白色でもちもち食感の薄い皮が特徴のたい焼き。

中にはしっぽの先までたっぷり入った餡子!

程よい甘さで、お茶請けにもちょうど良かったです!

ソースが染み込んだ人気のたこ焼き

たこ焼きを食べてみました。

個数は8個入りと14個入りがあります。

柔らか食感で食べやすく、ソースとたっぷりの青のりが丁度いい味でした。

昔ながらの懐かしい味を堪能できました!

まとめ

店内で食べるも良し、テイクアウトするも良し、何度でも立ち寄りたくなるたい焼き屋でした。

白壁土蔵群の食べ歩きや寒い季節にもオススメです。

ぜひ行ってみてください!

 

※「米澤たいやき店」の詳細はこちら

店舗情報

米澤たいやき

0858-22-3565 / FAX:0858-22-2135

〒682-0885 鳥取県倉吉市堺町2-929-1


営業時間:10:00~19:00

定休日:火曜(祝日営業)

駐車場:有

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
げんき
鳥取県出身。 人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。 趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とっとりのーと , 2017 All Rights Reserved.