鳥取市民体育館が2020年12月31日に閉館。老朽化のため1月中旬から解体工事へ

人気漫画「タッチ」の舞台としても知られている鳥取市民体育館が、2020年12月31日に閉館し、2021年1月中旬から解体工事が始まります。

鳥取市民体育館は、年間10万人以上の市民が利用するスポーツの拠点施設で、半世紀近くにわたり多くの人に親しまれてきました。

僕も学生時代に利用したことがあり、お世話になりました。

出典:鳥取市教育福祉復興会HP

老朽化のため建て替えることになり、2020年12月28日で利用を休止しています。

出典:毎日新聞

解体後は、アリーナや防災拠点の機能などを備えた4階建ての新しい体育館が、再来年の6月に完成する予定です。

どんな体育館になるのか楽しみですね!

今後もスポーツの拠点として地域活性化の発展に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください