鳥取の魅力を発信するメディア

【よしぱん(YOSHIPAN)】9月20日(水)リニューアルオープン!地元民がこよなく愛すパン屋 -大山町

2018/04/14
 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
げんき
鳥取県出身。 人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。 趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

大山町にある地元民に人気の地産地消のパン屋「よしぱん(YOSHIPAN)」。

内装を改装し、9月20日(水)にリニューアルオープンしたので、早速行ってきました!

噂では聞いてましたが、想像以上に人が多く、賑わっていました。

よしぱんの場所について

山陰道(国道9号線)から御来屋駅に入り、田園地帯を通って住宅地に入ります。

よしぱんの前の通りには「金田商店」という小さなお店もあるので、目印にしましょう。

金田商店を過ぎると、よしぱん専用の駐車場が見えてきます。

駐車場は店舗50m手前にあり、ここから店舗までは歩いていきます。

道路沿いには、昔懐かしい瓦屋根の住宅が並んでいました。

よしぱんの手前には「ぽん菓子」の看板があります。

奥の建物がよしぱんです。

他の住宅にすっかり溶け込んだ築80年の古民家を改装したパン屋です。

今や県外からも人が集まるほどの人気のお店です。

店内について

玄関入って手前はパン販売スペース、奥がランチ&カフェスペースになっています。

地産地消の食材を使った、自家製のパンです。

玄関を入った瞬間、香ばしいパンの匂いが広がります!

たくさんの種類のパンが所狭しと並んでいて、どれも美味しそうなものばかりでした!!

中でも人気なのが「あんこバター」。

せっかくなので食べてみました。

バケットに自家製のあんことバターをサンドイッチしたパンです。

トースターで温めると、バターが溶けてより美味しくいただけますよ~!

販売スペースの奥はランチ&カフェスペースになっていて、階段から奥がリニューアルした部分。

以前は和室だったスペースを改装して広くなりました。

メニューについて

メニュー表は、フレンドリーな店員さんが持ってきてくれました。

ランチには、全てのメニューにスープ・ドリンク付です。

僕は週替わりランチを注文しました。

ランチについているドリンクは、この中から選べます。

僕はコーヒーを注文しました。

好評の週替わりランチ

今回の目的は、多くの方に支持されている好評の週替わりランチを食べること。

この日は、「秋鮭とまいたけのグラタン」でした。

その他、溶き卵とチーズのスープ、サラダ、ドリンク付です。

グラタンの中には、ムニエルにしてから入れた鮭と歯応え抜群のまいたけ。

アツアツのグラタンが食べられました。

少し濃いめの味付けで、パンとも合います。

お腹いっぱいになったあとは、食後のコーヒー。

角砂糖の容器もオシャレで、贅沢な気分を味わえました。

まとめ

幅広い年齢層に支持されているよしぱん。

出来立てのパンを買って帰るも良し、ランチを楽しむも良しです。

ランチの時間帯は込み合うことが予想されますので、事前予約をオススメします。

ぜひ行ってみてください!!!

店舗情報

よしぱん

0859-54-2121

〒689-3204 鳥取県西伯郡大山町東坪849

営業時間:8:00~17:00(売り切れ次第終了)
[カフェ] 10:00~16:30L.O
[ランチ]11:30~14:00

定休日:日曜日・月曜日

駐車場:有

 

この記事を書いている人 - WRITER -
げんき
鳥取県出身。 人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。 趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とっとりのーと , 2017 All Rights Reserved.