鳥取の魅力を発信するメディア

【うどんの喜むら】鳥取市民に馴染みのうどん屋。5月中旬に閉店 -鳥取市

2018/05/11
 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
げんき
鳥取県出身。 人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。 趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

鳥取市にある地元民には懐かしい馴染みのお店「うどん 喜むら」。

5月中旬(食材がなくなり次第)をもって閉店します。

自家製の手打ちうどんが自慢のうどん屋で、僕も小さい頃何度も行きました。

いったん閉店してから外観を一新し、2014年に今の喜むらがオープンしました。

店内の様子やメニューについて紹介していきます。

うどん 喜むらの場所

住所は、「鳥取県鳥取市湖山町東3丁目5」。

湖山駅から車で約5分。

BINGOYA鳥取店の前の道路と国道9号線との交差点を湖山方面に進んですぐの場所。

国道156号線沿いに「喜むら」の看板が見えます。

暖簾、水車、たぬきの置物といった全盛期の外観とは違ったシンプルな外観です。

店内の様子

テーブル、イス、柱など、木を使った温かみのある店内。

清潔感のある淡い色調が感じられました。

カウンター席とテーブル席があり、広々とした印象です。

玄関には、閉店のお知らせが貼ってありました。

5月中頃材料がなくなり次第閉店だそうです。

いろいろ事情はあると思いますが、やっぱ寂しいですね。

メニューについて

うどん中心のメニュー。

鳥取の海藻「あかもく」を使ったあかもくうどんや定番の天ぷらうどん、さっぱりとした梅しそうどんなど、種類も豊富です。

裏には冷たいうどん、ぶっかけうどん、丼物などもありますよ!

小さいサイズのうどんや丼物も好評!子供や女性におすすめです。

定番で愛される天ぷらうどん

人気の天ぷらうどんを注文。

シンプルだけど、うどん屋で食べたくなる定番のうどんを堪能しました!

透き通ったうどんは自家製麺!

熱々の天ぷらを麺の上に乗せていただきました。

コシのある麺がウマ過ぎ!!

少し薄めの出汁ですが、麺にしっかり染み込んでいます。

のどごしもいいですね。

天ぷらはサクサク!

塩加減も丁度良く、塩が出汁に加わって、また違った味で楽しめます!

懐かしい優しい味を堪能できました。

まとめ

閉店間近!

行ってみたい方はお急ぎください。

この味が味わえなくなるのは寂しいけど、またどこかで復活してほしいですね。

店舗情報

うどんの喜むら

0857-30-7656

〒680-0942 鳥取県鳥取市湖山町東3丁目5

営業時間:11:00~14:30 17:30~20:30

定休日:木曜

駐車場:有

この記事を書いている人 - WRITER -
げんき
鳥取県出身。 人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。 趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とっとりのーと , 2018 All Rights Reserved.