鳥取の魅力を発信するメディア

【ときわすれ清水屋】日南町の古民家で味わう絶品そば!自然豊かな山奥にある有名そば屋 -日南町

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
げんき
鳥取県出身。 人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。 趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

日南町の山奥にある蕎麦の専門店「ときわすれ清水屋」に行ってきました。

山の自然に囲まれた築150年の古民家のお店です。

店名のとおり、時が経つのを忘れるくらい居心地が良く、ゆっくりくつろげます。

今回は、日南町のときわすれ清水屋についてご紹介します。

ときわすれ清水屋の場所

住所は、「鳥取県日野郡日南町菅沢1019」。

山陰道の米子西ICから国道180号線に入ります。

道なりに日南方面へ進むと、左側にときわすれ清水屋の看板が見えてきます。

ここを左折します。

左折してから車で5分ほどで到着。右側にお店が見えてきます。

木に囲まれた山奥の忽然と現れる趣ある外観。

ジブリに出てきそうな立派な建物でした。

お店から50mほど先に駐車場があります。

こちらを利用しましょう。

店内の様子

お店の前の庭園が見渡せる開放的な店内。

取材当時は夏だったので、風が通るように周りの扉などは外してありました。

基本的に座敷になりますが、玄関付近には、テーブル席もありました。

各テーブルには、十割蕎麦の案内も置かれていました。

メニューについて

メニューは、一日限定20食のそば定食をはじめ、温そば(かけ、きつね、おろし、とろろ)、冷そば(ざる、割子、おろし、とろろ)などがありました。

そば好きの方は、ぜひ訪れておきたいメニュー内容です。

実際に注文した料理

そば定食(2000円)を注文。

一日20食限定ですが、早めに来店したので味わうことができました。

野菜の天ぷらは、夏野菜を使用した夏バージョン。

季節の野菜を使用しています。

冷たいダシが染み込んで、美味しかったです。

寒い季節には、普通の天ぷらになるみたいです。

こちらも夏バージョンの酢飯。

ごまとシソの風味が口に広がって、あっさりとしてました。

キュウリの中華和え。

盛り付けも綺麗で、ご飯と相性抜群です。

メインの十割蕎麦は、のどごしが良く、歯ごたえも楽しめました。

薬味を入れて、豪快にいただきました。

最後のそば湯まで美味しく、満腹になりました。

まとめ

日南町の自然豊かな山奥に佇むそば屋。

米子市からでも30分ほどかかりますが、訪れる価値はあると思います。

そばが売り切れ次第終了になるので、電話で予約することをおすすめします。

日常の慌ただしさを忘れてのんびりしたい方は、ぜひ訪れてみてくださいね!

店舗情報

ときわすれ清水屋

0859-87-0006

〒689-5532 鳥取県日野郡日南町菅沢1019

営業時間:11:00〜15:00

定休日:火~金/1月から3月まで冬季休業

※営業時間・定休日は変更となる場合があるので、来店前に店舗にご確認ください。

この記事を書いている人 - WRITER -
げんき
鳥取県出身。 人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。 趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© とっとりのーと , 2019 All Rights Reserved.