鳥取の魅力を発信するメディア

【あじろカフェなだばた】地元民の憩の場!お手頃価格で「親がに丼」を堪能 -岩美町

2018/04/16
 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
げんき
鳥取県出身。 人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。 趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

岩美町にある地元のお母さんが提供するお店「あじろカフェなだばた」で親がに丼を食べてきました。

親がにの漁期(11月中旬~12月上旬)に水揚げされた親がにを2杯使用した贅沢な丼です。

かにの身、内子、外子などが入っています。

12月までの期間限定でしたが、まだ在庫があるらしく、値段も1000円に値下げされていました。

あじろカフェなだばたの場所について

住所は、「鳥取県岩美郡岩美町網代118-58」。

岩美駅から車で10分。

国道9号線から岩美ICを降りて、国道27号線へ。

ファミリーマート岩美町大谷店の交差点をさらにまっすぐ進みます。

蒲生川に架かる橋を渡り、網代港を左手に進むと、右手に見えています。

参考記事:網代のお母さんが作る優しい味!「あじろカフェなだばた」 -岩美町 

店内の様子

カウンター席とテーブル席でスペースは小さめ。

地元網代のおばちゃんたちがお出迎えしてくれます。

よく見ると、カウンターに芸能人のサイン色紙が!!

芸人のはなわさんなど、有名人も来られているみたいです。

入口付近に置いてある海草のしおり。持ち帰り自由です。

「かたつむり工房」という染物を創作される団体が提供しているみたいです。

浦富海岸にある「千貫松島」が描かれた布製のグラス置きもオシャレです!

メニューについて

期間限定の親がに丼のほかに通常メニューも充実。

地元で獲れた新鮮な地魚の料理がメインです。

鮮度抜群の海の幸を手頃な値段で食べれるということで、地元民から絶大な人気を誇ります。

まさに地元民の憩の場ですね!

かにの旨みが凝縮された「親がに丼」

親がに丼、小鉢、漬物、汁物が付いて税込み1000円です!!

「こんなに安くていいの?」って思うくらい、手頃価格です。

具材は、かにの身、内子、外子、大葉。

親がにをふんだんに使った贅沢な丼!!

かにのすべてが凝縮された逸品です。

親がに丼は特製の醤油をかけていただきます。

そして、きざまれた大葉がアクセントになっていい感じです!

ウマすぎです!!今しか味わえないので、オススメですよ。

魚の出汁の効いたあら汁は、どこか懐かしいあっさり味。

身も心も温まるおふくろの味って感じでした!

最後に海草のしおりをもらって帰りました。

ここに来た思い出になるような小さなサプライズがうれしいですね!

まとめ

いかがでしたか?

アットホームな環境で、贅沢な丼が堪能できました。

親がに丼は数に限りがあるので、予め問い合わせてみましょう。

なくなり次第終了です。あじろカフェなだばたに急ぎましょう!!!

店舗情報

あじろカフェなだばた

0857-72-8414

〒681-0074 鳥取県岩美郡岩美町網代118-58

営業時間:9:00~15:00

定休日:火曜

駐車場:有

この記事を書いている人 - WRITER -
げんき
鳥取県出身。 人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。 趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とっとりのーと , 2018 All Rights Reserved.