鳥取の魅力を発信するメディア

【円形劇場 くらよしフィギュアミュージアム】4月7日(土)にオープン!日本最古の円形校舎を改装したフィギュアの聖地 -倉吉市

2018/04/18
 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
げんき
鳥取県出身。 人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。 趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

4月7日(土)、倉吉市にフィギュアの聖地「円形劇場 くらよしフィギュアミュージアム」がオープンします。

まんが王国とっとりに新たに登場する、廃校になった校舎を改装したフィギュアスポットです。

円形劇場の場所や内観などについて紹介していきます。

円形劇場 くらよしフィギュアミュージアムの場所について

住所は、「鳥取県倉吉市鍛冶町1丁目2971-2」。

倉吉駅から車で約10分。

打吹公園前の道路を西へ徒歩15分。歩きだと少し遠い距離です。

国道38号線沿いにあり、「Sマートめいりん店」の左横にある建物です。

出典:円形劇場 くらよしフィギュアミュージアム

円形劇場について

円形劇場は、もともと倉吉市の旧明倫小学校の校舎で、現存する円形校舎としては日本最古の建物

戦後ベビームーブの時に建設さましたが、しだいに児童数が減少し、建物自体も老朽化が進んだことにより、解体されることになりました。

しかし、建築物としての価値、地元民の思い出がつまった町のシンボル的な意味合いから反対の声が聞かれ、「円形劇場 くらよしフィギュアミュージアム」として生まれ変わることになりました。

出典:日本海スタイル

円形劇場の完成予想図。

日本でも珍しい円形型の建造物です!

昔からある校舎なのに、どこか近未来的な感じにも見えてきます。

 館内について

館内は3階まであり、日本を代表するフィギュアメーカーの作品を中心に、TVの人気キャラクターやヒーロー、動物や恐竜、ミリタリーものなどカテゴリーごとに見やすく分類し、約2000点を展示。

出典:PRTIMES

他にも、フィギュア制作を体験できるコーナー、フィギュアをジオラマの中で撮影できる特撮コーナー、ミュージアムショップなど、アニメ好きにはたまらない施設が満載です!!

まとめ

倉吉に新たに誕生するフィギュアの聖地。

子供から大人まで夢中になるくらい楽しめる施設になるよう期待しましょう!

昨年オープンした名探偵コナンの聖地「コナンの家 米花商店街」のように倉吉観光には欠かせない観光スポットになってほしいですね♪

ぜひ行ってみてください!

店舗情報

円形劇場 くらよしフィギュアミュージアム

0858-27-1200

〒682-0864 鳥取県 倉吉市鍛治町一丁目2971-2

開館時間: 9:00〜17:00(夏季は18:00まで)

料  金:高校生・一般:1,000円
小・中学生:500円
未就学児(6歳未満)無料
団体、障碍者割引あり

定休日:無休

駐 車 場:有(大型バス駐車可)

HP:http://enkei-museum.com/

この記事を書いている人 - WRITER -
げんき
鳥取県出身。 人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。 趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とっとりのーと , 2018 All Rights Reserved.