鳥取の魅力を発信するメディア

【カフェテリア・アペゼ】奥大山ブルーベリーソフトを堪能!ブルーベリーをふんだんに使ったスイーツ -江府町

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
げんき
鳥取県出身。 人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。 趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

江府町にある「カフェテリア・アペゼ」をご存知ですか?

周辺にあるブルーベリー農園「奥大山ブルーベリーファーム」で採れたブルーベリーをふんだんに使用したブルーベリーソフトが味わえるカフェです。

想像以上に濃厚で、奥深い味です!

早速行ってきたので、店内の様子やブルーベリーソフトについて紹介していきます。

カフェテリア・アペゼの場所

住所は、「鳥取県日野郡江府町大字御机740-1」。

米子自動車道からのアクセスは、蒜山ICから下車し、国道482号線経由で約15分、江府ICからだと482号線経由で約20分です。

蒜山ICや江府ICを下車した場合は、国道482号線を道なりに山道を登っていくと、右側にアペゼの看板が見えてきます。

まるで絵本に出てきそうな庭園と近未来感漂うお店。

江府町にこんなステキなお店があったなんてびっくりです!

道路を挟んで左側は奥大山ブルーベリーファームです。

大山方面から来られる場合は、店舗が逆側に見えてきます。

アペゼまでに「サントリー天然水奥大山ブナの森工場」や「江府町市民農園カサラファーム」などの施設もあるので、車で行くときの目印にすると分かりやすいと思いますよ!

お店の前には、アペゼ自慢のソフトクリームの看板がありました。

味は3種類。特に奥大山ブルーベリーは、地元のブルーベリーをふんだんに使用した人気のソフトクリームです。

自由に遊べるスペース

アペゼの右側には、気軽に遊べる広場もあります。

店舗前の駐車場近くに可愛らしい看板があります。

この日は業者の方が芝を刈って綺麗にされていました。

結構広々としていて家族揃ってくつろげる空間です。

テーブルやイスも設置。

フラフープなどの遊び道具もあります。

店内の様子

天井近くまでガラスが張った開放的な空間。

お店の前のガーデニングや自然豊かな江府町の景色を眺めることができます。

アペゼでは、ランチもやってます。

体に優しいワンプレートランチやトマトソースのパスタなどが人気みたいですよ。

奥大山に近いということで、奥大山のおいしい水も飲めます。

そういえばとっとりのーとで紹介した「道の駅奥大山」にも置いてありました。

大山の恵みを感じられるうれしいサービスがここにもありました!

関連記事:【道の駅 奥大山】江府町のドライブで立ち寄るならここ!大山開山1300年記念グルメを食べてきた -江府町

想像以上に濃厚なブ奥大山ブルーベリー

奥大山ブルーベリーを注文。

鮮やかなピンク色のソフトクリーム。まずは目で楽しみます。

見た目以上にブルーベリーそのものの味わいです。

口に入れた瞬間、ブルーベリーの香りと酸味が広がりますよ!

外のガーデニングや江府町の景色を眺めながらゆったり楽しめます。

至福のひとときでした!

江府町・大山観光やドライブでおすすめ!

利用する用途は様々だとは思いますが、ちょっとした時間の合間に気軽に立ち寄れるお店です。

江府町・大山観光やドライブ途中などにおすすめですよ!

スイーツが美味しい季節にぜひ行ってみてください!!

店舗情報

カフェテリア・アペゼ

0859-75-3393

〒689-4424 鳥取県日野郡江府町大字御机740-1

営業時間:10:00~17:00(営業は4月後半~11月中旬、12~4月は冬季休業)

定休日:火、水、木(祝日の場合は営業)奥大山ブルーベリーファームの開園期間中は無休

駐車場:有

この記事を書いている人 - WRITER -
げんき
鳥取県出身。 人との繋がりを大切にし、鳥取の魅力をたくさんの人に知ってもらいたいという思いでブログを開設。 趣味はマジックで、たまにマジシャンとしても活動中。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© とっとりのーと , 2018 All Rights Reserved.